双子座(ふたご座)の性格とは!特徴、恋愛観、男女別に徹底調査!

双子座は「知性」を表す星座で、5月21日から6月21日生まれの人が当てはまります。12星座の中で「風」のエレメントを持つ双子座は、臨機応変さと多才さ、そしてユーモアが人気の性格タイプです!また、「風」のエレメントを持つ双子座は、「風」のエレメントを持つ双子座は、臨機応変さと多才さ、そしてユーモアが人気の性格タイプです。多面的なセンスとその世界観に、誰もが引き込まれること間違いなしです。今回は、双子座の性格特性から、恋愛・結婚・適職の謎を読み解いていきます。

双子座の性格の特徴

頭脳を武器に渡り歩く知的戦士

双子座の性格イメージのトップを飾るのは、その高い知性です。双子座は星座の中でもポジティブサイドに属する星座で、そのエネルギーは外に向かっているため、明るく高慢な印象があります。しかし実際には、双子座は冷静沈着な思考を持ち、シャープで巧みに物事を処理することができる人なのです。また、勉強や仕事などの技術的な習得も早いので、世渡り上手な印象があります。双子座の聡明さに嫉妬する人の中には、「あなたの言動には裏がある」と思っている人もいるかもしれません。

情報収集に余念がない求道者

双子座は知的好奇心が旺盛なため、世の中の情報や思考に最も多く触れることができる星座です。あらゆる知識や価値観が手元に集まり、情報を加工して無理なく自分のものにすることも得意です。双子座の場合、興味の度合いに関わらず、常に感性のスイッチを入れ、無意識にでも情報を得ようとします。そのため、社会の最新動向を把握することにも長けており、次に何が起こるかを素早く察知する能力を持っているのです。

陽気でノリのいいムードメーカー

いろいろなことに興味を持って取り組み、そこに遊び心を加えて楽しむことが得意。その上、双子座の陽のパワーも周りを取り囲み、みんなが楽しく、大笑いできる空間を作り出します。その場の空気や間合いを読みながら、相手への思いやりを忘れないので、どんな人間関係でも高く評価されるタイプです。社交性に優れ、人の輪の中心にいることが多いが、疲れからくるストレスで神経をすり減らしてしまう心配もある。

巧みな話術と言語センスを兼ね備えている

双子座を大きく特徴づけるキーワードは、優れたコミュニケーション能力と言語能力です。正しい言語リテラシーを持つことは、その背後に壮大な知性が存在することの証でもあるのです。論理的思考を得意とする双子座にとって、言語とは人生そのもの。他の星座よりも優位に立てるほど、言葉にはこだわりがあるのです。話す」「教える」「伝える」を繰り返す中で、言語そのものに何らかの使命を感じているのかもしれません。

短気で、足が速い!?

双子座は多趣味な人が多く、どんなことでも乗り切る器用さがある。仕事も対人関係も難なくこなし、何が来ても臨機応変に対処して楽しむ。しかし、何でもそつなくこなすがゆえに、一つのことに集中できなくなることもある。不機嫌に振舞ったり、中途半端に物を捨てたりする傾向があるかもしれません。しかし、次から次へと行動を切り替える素早さがあるため、それぞれの状況から良いものを進んで吸収することができるとも言えます。

ユーモアとパンチのあるアイデアマン

双子座の人は、無意識のうちに感性のアンテナを張り、考えやひらめきを得ることができます。面白いかどうかでアイデアの質が決まるほど、ユーモアのセンスに厳しい人たちです。双子座の人は、頭に降ってくるイメージだけでなく、これまでの蓄積をもとに頭の中でストーリーを構築することもできる。周囲が予想もしないようなユニークさや秀逸さがあり、アイデアひとつで人をワクワクさせるのが得意です。

男女ともにニュートラルな小悪魔

双子座は、男らしさと女らしさのバランスをとるニュートラルな星座とされています。人と人の間を行き来する「風」のような存在として、性別にとらわれない傾向が見て取れます。双子座自身が外見的にも精神的にも両性具有の人が多いのは、性別に縛られることを好まないからかもしれません。性別はあくまで部分的な要素であり、人としての資質や魅力などに直接影響を与えるものではない。双子座はそんなメッセージを体現した星座であり、小悪魔のようにドキドキ・ハラハラさせてくれる要素かもしれません。

感性・葛藤に振り回されやすい

一説によると、双子座は “二面性 “を持っていると言われています。性格に二面性があるということではなく、外と内のバランスがとれている、まさに陰陽の世界なのだそうです。つまり、愛嬌と不機嫌、楽観と悲観、大胆と繊細などの相対性を包含している。常にマイペースな自分と客観的な視点を併せ持つ双子座は、内面的な葛藤を抱えやすいと言えるでしょう。しかし、この二面性があるからこそ、広い視野を持ち、粋な行動をとることができ、より一層愛されるのだから不思議なものです。

純粋無垢な子供らしさ

双子座は、その純粋さと生き生きとした若々しさから、「永遠の少年少女」と表現される星座です。また、大人になるにつれて忘れがちな感受性や喜び、柔軟性、茶目っ気などを抱き続けているのも特徴です。できれば何にも縛られず、重い責任を負わず、自分の興味のあるテーマを自由に探求したい、と人一倍思っているようです。子供のように淀むことなく変化していくので、一緒にいるだけで刺激を受ける人も多い。

正義を愛する情熱家

一見すると双子座は楽観的で、人や物事に対して比較的ドライに接することができるとされています。しかし、彼らの内なる声は、理不尽なことを嫌う情熱的な人であることを教えてくれるのです。そうなると、周囲の雰囲気を良好に保とうとしなくなり、それまでの態度が一変することもある。双子座の言動に何か違和感を覚えたら、彼らにとってタブーである一線を越えてしまったのかもしれません。

双子座の男性の特徴とコツ

双子座の男性は、知的で軽やかな立ち居振る舞いと爽やかな弁舌に恵まれます。頭が良く行動的なので、多才な社交家として憧れられることも多いようです。何事にも好奇心が旺盛で、自分の内面にある感情を自覚しているため、時には行儀が悪くなったり、言動にムラが出たりすることもあります。

しかし、何事もそつなくこなすオールラウンダーなので、経験や発言する機会はいつもより多いでしょう。双子座の男性にとっては、自分自身の行動をスマートにすることが大切です。世渡りが上手なため、交友関係も広いのですが、自分の内面をさらけ出すことは苦手です。

器用な男性が多いのも特徴ですが、他人に対してドライになりがちで、一つの分野に深く入り込むことを嫌がります。自由で公平な環境の中で、鋭い感性と知性を発揮することを喜びとする。

そんな双子座の男性に気をつけるべきポイントは、相手の言動を決して否定せず、きっぱりと自分のやりたいようにさせること。個人プレーが光るタイプなので、その人のペースを優先することが大切です。コンピュータのように自分で情報を処理するタイプなので、細かいことは周囲がフォローすれば十分です。

双子座女性の特徴とコツ

スタイリッシュでトレンディな双子座の女性は、話題が豊富なおしゃべりさんです。立ち居振る舞いは思いやりがあり、機転が利いて女性らしいのですが、人間そのものはサッパリしていて香ばしいのです。社交性は高いものの、クールな一面を持ちやすいので、つかみどころのないイメージを持たれるかもしれません。

双子座の女性は、男性同様、知性と才能にあふれた生粋のマルチプレイヤーである。多方面から情報を取り入れ、常に新しいものを吸収し、自らの経験を共に更新しようと努力する。他者に深くコミットすることはなく、自分自身にのみ興味を持つ。社会的なアイドルである一方、冷静な目で自分の技術や感性を磨いている戦略家でもある。

また、人間関係で疲れやすい性格を自覚している人もおり、コミュニケーション能力に長けている反面、感受性の豊かさがないわけではありません。双子座の女性は、表面的な部分と内面に大きな差があることが多いため、周囲から誤解されることが多い。また、普段見せる愛嬌や器用さとは異なり、転ぶことも人一倍多い。

双子座の女性を本当に理解するためには、心の距離を少しずつ縮めていく必要がある。また、本当の自分を理解してほしいと思っているので、じっくりと話を聞いてあげながら、安心できる関係を築いていきましょう。

双子座の恋愛傾向

スマートで刺激的な恋愛を好む

双子座の恋愛はインパクト重視といっても過言ではありません。頭がいい人が多いので、あまり不自然だと嫌われますが、刺激やユーモアは双子座の大好物です。たしかに、目新しさがあったほうが恋は長続きしそうです。その目新しさが難しいところですが、双子座の場合は「知性を揺さぶるような刺激」でなければなりません。そのため、最高の恋愛相手は、自分と似たような知的で個性的な人の模式図になります。

他の星座よりも浮気率が高い

双子座は順応性が高く、自分の感情に飽きると、何事もある側面から別の側面へと素早く切り替わります。恋愛に関しては、当然ながら浮気という問題がつきまとう。もちろん一途な人もいますが、複数の人を同時に相手にするのが得意な双子座は、基本的に浮気性な傾向があります。ライトな関係を好むのは、その慎重さもありますが、相手と一定の距離を置くことで自由になろうとするためです。双子座の言動に優柔不断な一面が見られたら、浮気に注意しましょう。

駆け引きが上手な恋愛テクニシャン

双子座は、恋愛にはピークとローポイントがあることを知っています。タイミングを見計らって、異性との駆け引きをすることができるのです。もともと二面性を持っていると言われる双子座は、自分の心の奥底にある感情を隠す術を心得ているエキスパートタイプ。遊びであろうとなかろうと、その本音は謎に包まれており、いずれはその魅力にハマってしまうでしょう。双子座は恋に溺れることが少ないので、タイミングを逃すとすぐにうまくいかなくなります。

執着していないように見えても嫉妬深く、人間味がある

双子座は表面的な部分と本音に乖離があるため、複雑です。誰にでもフランクに接することができる双子座は、実は対人関係には臆病で、親しくなればなるほど不安になってしまうのです。そのため、真剣な交際になると、知らず知らずのうちに嫉妬や執着心を抱いてしまうこともある。器用そうに見えても、実はいつもハラハラドキドキしている人間らしい一面もあるのです。

一人でいても気にしない。

数々の恋愛を渡り歩くイメージのある双子座ですが、たまには一人でいることに安らぎを感じるケースも少なくありません。双子座は本来、心の中に2人の自分(双子座)を内包している星座なのです。内面的な葛藤が多いため、これ以上親密度を上げることを拒否したい気持ちがあります。対人関係に安らぎを見いだせなければ、「一人でいる方が楽だ」と開き直る。しかし、今度はすぐに切り替えて真剣な交際に入ろうとするので、その行動には波があるようです。

双子座にアプローチしたい場合

双子座の人と恋愛を始めるときに気をつけたいのは、相手が頭がいいということを自覚することです。そのため、あまり小手先のテクニックは使わず、自分が楽しめる話題から話を広げていくようにしましょう。双子座が経験したことのない分野であれば、相手も興味を持ち、今後あなたの好みに敏感になってくれるかもしれません。

また、一点を掘り下げるのではなく、なるべく柔軟な視点を持っていることをアピールするとよいでしょう。というのも、双子座は物事を広い視野で見ることができるため、冷静に客観視できる相手には優位性を感じやすいのです。

さらに、双子座のユーモアのセンスを理解し、聞き上手であることも高く評価されます。もちろん、あなたが真剣にアプローチすれば、双子座は慎重に相手を見極めようとします。新鮮さも必要ですが、リラックスできる環境を作れるかどうかも重要なポイントです。

双子座の結婚観

双子座にとって理想の結婚とは、「自分(パートナー)が自分らしくいられる」こと。そのため、結婚によって自分(パートナー)の世界観が狭められたり、常識に縛られたりすることは望んでいないようです。自分本来の価値観で前進することを好み、夫婦関係において古いレールを踏襲することを望まないのです。女性がキャリアを積むのは当然であり、男性は家事や育児を担当することに喜びを感じる。

夫婦は親友であり、恋人であり、人生のパートナーであるが、互いに自立していることを好む。どこまでも深く親密な関係よりも、双子座は自分も相手も尊重し、次のレベルの感情へと持っていくことを好む。

双子座の適職

双子座は、それ自体が優れた思考力を持つが、要点をまとめて大きな成果を上げるような仕事も向いている。具体的には、ジャーナリズムやマスメディアの仕事、企画、サービス業などが適職といえるでしょう。また、専門職や研究職も、双子座の知的好奇心が活かせる職業です。特に、言語センスとユーモアが必要な文筆業は、天職といえるでしょう。

また、話術や要領の良さ、機械的な思考を持つ双子座は、どんな仕事にも向いています。柔軟性を必要とする職種は疲れにくいでしょうが、神経を使うような仕事にはあまり向いていないようです。また、責任の重いポジションでは、マルチな才能を発揮することが難しく、この点だけでもリスクを感じるはずです。

「知識と才能」が輝く星座「双子座」

双子座は、俊敏な頭脳、行動力、社交性、広い観察力など、多彩な能力を持っています。あなたはクールな双子座ですか?それとも個性的な少年少女?数々の魅力がちりばめられた星座だけに、読めば読むほど奥が深いと感じられたのではないでしょうか。実は双子座は12星座の中で最も人間らしい星座で、だからこそあなたはきっと誰よりも愛される存在なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。