牡牛座(おうし座)の性格とは!特徴、恋愛観、男女別に徹底調査!

12星座は生まれた日によってある程度性格がわかるのですが、4月20日から5月20日生まれの牡牛座は、とても慎重で努力家です。そんな牡牛座の男女の詳しい性格の特徴や恋愛観、結婚観、コツなどを徹底解説していきます 自分が牡牛座の人も、好きな人が牡牛座の人も、ぜひ参考にしてみてください。

牡牛座の性格の特徴

「石橋を叩いて渡る」典型的な例

牡牛座の最大の特徴は、非常に慎重な性格であることです。石橋を叩いて渡る」の典型で、牡牛座は非常に慎重で、何事も自分で調べようとします。「安全だ」「間違いない」と確信しない限り、行動を起こすことはない。

しかし、この慎重さは長所でもある。みんなの意見がぶつかり合ったとき、正しい判断ができないとき、慎重な牡牛座は、周囲の雰囲気に惑わされることなく、冷静に見極めることができるのです。そのため、周囲からの信頼も厚いのです。

常に万全の準備をするプランナー

慎重な性格のため、行き当たりばったりに行動せず、計画的に物事を進めます。リスクを考慮した上で計画を立て、着実に行動していくのです。

さらに、計画に必要な要素をすべて揃えるようにします。もし、自分に足りない能力があれば、それを計画を遂行できるレベルまで高める努力をします。「準備万端」は、牡牛座にぴったりの言葉です。優れた計画性と努力で目標を成功させるのが牡牛座なのです。

忍耐力・根気強さ

牡牛座が努力し、着実に成果を上げることができるのは、忍耐力と辛抱強さがあるからです。精神的・肉体的な苦痛に対する耐性が高く、高い壁でも挫折せずに乗り越える粘り強さがあります。自分の慎重さと判断力に自信があるため、一度やると決めたことは最後までやり遂げることができるのです。

非情に忍耐強く、厳しい訓練に耐えることができるのも、牡牛座の長所です。全力で取り組むからこそ、勉強、仕事、スポーツなど、あらゆる分野で活躍することができるのです。

行動力に優れる

慎重さ、計画性、忍耐力は、良い行いをすることで得られる総合的な長所です。牡牛座は、頭で考えるだけでなく、しっかりとした行動をとることができることに秀でています。慎重ではあるが、受け身ではない。ただチャンスを掴むのではなく、慎重に吟味した上で自信を持って行動します。

このため、牡牛座は「行動派」と思われがちです。脳内の慎重で綿密なシミュレーションが表面化しないため、ダイナミックな面だけが周囲に印象を残すことになるのです。

冷静で情緒が安定している

喜怒哀楽の振れ幅が小さく、情緒の安定感は申し分ない。とても穏やかな性格の持ち主です。いつも機嫌がよく、よほどのことがない限り、怒ったり取り乱したりすることはない。

常に一定の落ち着きを保っている牡牛座に、周囲の人は大きな安心感を覚えます。牡牛座には、そばにいるだけで人を和ませる魅力がある。特に年下や後輩に人気があります。

争いを好まない平和主義者

争いを嫌うため、常に冷静であろうとする。喧嘩や争いによる気まずい空気を嫌い、「みんなと和やかに過ごしたい」と考える根っからの平和主義者なのです。

牡牛座のすごいところは、頭で平和を願うだけでなく、実際に行動に移すところです。言い争いがあれば、双方の意見を聞き、冷静かつ論理的に結論を導き出すのです。牡牛座の平和主義者は、対人能力に直結しているのです。

向上心があり、完璧を求める

また、向上心が強いことも特徴です。一度「これだ!」と決めたら、まっすぐ高みを目指します。十分なだけでは満足せず、完璧を求める傾向が強い。また、努力家でもあり、納得がいくまでとことん努力します。

しかし、完璧主義者は諸刃の剣です。努力しても求めていた目標に到達できなかったときに自己嫌悪に陥ったり、無理をしすぎて心身にダメージを受けたりすることもあるようです。また、完璧主義が外に向けられると、周囲への不満が大きくなることもあるので注意が必要です。

マイペースでこだわりが強い

平和主義者で周囲との輪を大切にする一方、自分で決めたことにはこだわりが強く、実はマイペースな一面もあります。慎重でじっくりとした性格のため、自分が決めたことが正しいという思いが強く、他人の意見が耳に入らないケースもあるようです。

しかし、牡牛座は我慢強い性格でもあるので、本当は自分のペースで行動したいのに、無理に周囲に合わせることも少なくありません。気づかないうちにストレスを溜め込みやすいタイプなので、折り合いをつけるために一人の時間が必要です。

少しシャイな面もある

穏やかな性格の牡牛座には自然と人が集まってきますが、実は少し人見知りなところがあるようです。人懐っこい反面、仲良くなるまでは慎重で神経質なところがあります。

しかし、社交的に振舞おうと努力するため、人見知りには見えず、よく誘われる。誘われたからには」と答えて、終わってみればドッと疲れが出ることも……。牡牛座の人間関係は、広く浅くよりも、狭く深くが心地よいと思います。

寂しがり屋で承認欲求が強い

人見知りでマイペースな牡牛座ですが、一人だと寂しいのが特徴です。根本的に人が好きで、誰かと一緒にいたいという願望が強いのです。

また、承認欲求が強く、結果を出したい、頑張った分だけ認めてもらいたいという、ちょっとめんどくさいところがあります。自分からアピールすることはありませんが、いろいろと察してほしいという節があります。

牡牛座の男性の特徴とコツ

牡牛座の男性には、次のような特徴があります。

冷静沈着
慎重で間違いがなく、信頼できる。
努力を誇示しない「能ある鷹は爪を隠す」タイプ。
仕事もプライベートも一生懸命

高い能力を持ちながら、常に謙虚で紳士的である。性別に関係なく信頼できる。穏やかな性格で、何を頼まれても笑顔で受け入れてくれそう。

しかし、実は牡牛座の男性はプライドが高く、下手に乱暴に扱ったり、ライバル心や敵意を見せたりすると、黙って見切りをつけてしまうので、注意が必要です。この人は自分に好意的でないと判断すれば、たとえ表情が微笑んでいても潔く切り捨て、協力はしないでしょう。

逆に、牡牛座の男性を立てて、わかりやすく適切に褒めたり、上手に頼って感謝したりすれば、心強い味方になってくれるでしょう。牡牛座の男性をきちんと見て理解し、見え透いたお世辞ではなく、誠意を持って接すれば、良い関係を築くことができるはずです。

牡牛座女性の特徴とコツ

牡牛座の女性には、次のような特徴があります。

美意識が高く、自分を律することができる
穏やかで癒し系の人気者タイプ。
慎重派、用心深い、人見知り
動きやペースが遅い

外見的にも内面的にも、男性にモテるタイプです。しかし、控えめな性格で、男性との距離を縮めるのに時間がかかる。それが余計に男心をくすぐり、同性からアプローチされることも多く、嫉妬されることも……。誤解されやすい牡牛座の女性は、自分の本当の姿を見てくれる人には心を開いてくれます。牡牛座女性の話をよく聞いて、少しずつ自分を知ってもらうことが、良い関係を築く秘訣です。

また、牡牛座の女性は慎重でマイペースな性格なので、何をするにも時間がかかる。しかし、焦ったり急がせたりするのはNGで、パニックになってしまうので、じっくりと自分のペースに相手が合わせてくれるのを待つようにしましょう。

普段は穏やかで優しい牡牛座女性ですが、自分なりの譲れないこだわりや反骨精神を持っているので、足元を見るような強引な行動も厳禁です。

牡牛座の恋愛傾向

慎重で堅実な恋愛をする

慎重な性格が恋愛に大きな影響を与えます。少しずつ相手のことを知り、好ましい面が積み重なることで恋に落ちるタイプで、一目惚れは非常に稀です。お見合いや街コンなど、初対面の相手と親密になるような出会いはあまり得意ではありません。日常的に接する人を好きになる傾向がある。

また、好意を持った後も慎重である。好きな人とは結ばれたい」という気持ちが強く、一方的な恋愛に走ることはない。自分の気持ちをしっかりと持ち、相手と将来にわたって安定した関係を築けると確信してから、次に進む。

控えめで、積極的なアプローチを好まない。

基本的に恋愛には控えめで、消極的な性格です。また、慎重で警戒心が強いため、積極的なアプローチも苦手です。よく知らない異性からアプローチされても、対応できるはずもなく、途方に暮れてしまいます。

牡牛座は、初対面→知人→友人→恋人という順を追った恋愛アプローチを好みます。順番を飛ばすような熱烈で強引なアプローチは、牡牛座にとって身勝手で失礼なこと。相手に合わせた思いやりのある振る舞いが求められる。

一途で誠実

牡牛座は恋愛が進展するまでに時間がかかるものの、進展すると非常に一途で誠実な性格になります。自分にはこの人しかいない」と食い下がるように交際に踏み切るほど、恋人を心から愛しています。

恋人が牡牛座の場合、浮気の心配はないでしょう。ただし、一途な性格のため、相手にも同等の愛情を求めるので、当然、恋人の浮気やそれに近い行為には厳しいです。浮気が発覚した場合は、すぐに別れるか、辛すぎるほどのペナルティを与えられます。

ドキドキ感よりも安心感を求める

恋愛のスリルよりも、「愛し、愛されることによる心の安定」を何よりも好む。一緒にいることで得られる安心感、安らぎを最も重要視する。愛情表現はストレートで、とてもわかりやすい愛し方をしています。

すべてがストレートなので、牡牛座の言葉の裏を読む必要はまったくない。恋の駆け引きも、愛情を試す必要もない。むしろ、牡牛座を混乱させるだけのNG行動です。

牡牛座が独占欲や束縛、嫉妬深くなるケースも……。

愛情が大きくストレートな分、独占欲が強いのも牡牛座の特徴です。恋人にしか属さない」というのは、「恋人は自分にしか属さない」という意味です。牡牛座の恋愛は、対等なギブアンドテイクです。

そのため、関係が安定している限り、独占欲が不都合につながることはありません。問題は、倦怠期に入ったときです。独占欲が暴走しやすく、些細なことで猛烈に束縛したり、ひどく嫉妬したりしがちです。束縛や嫉妬は、牡牛座の不安の表れだと覚えておくとよいでしょう。

牡牛座の人にアプローチするなら

慎重で控えめな牡牛座の性格を考えると、時間をかけて距離を縮めていくのが正しいアプローチと言えるでしょう。出会いのきっかけはどうあれ、いきなり恋人候補として立候補してはいけません。まずは自然に会話ができる関係を築くことが大切です。

直接会うだけでなく、LINEなどのツールを使って、親しい友人や同僚のようなポジションを獲得してください。また、最初はグループで行動することで、あなたの長所をたくさん知ってもらうとよいでしょう。

十分に親しくなったら、最初は「ランチだけ」など理由をつけて1対1で誘ってみましょう。相手の様子を見ながら、徐々に本格的なデートに誘い、気持ちを伝えるのがポイントです。牡牛座が告白できる状態になるまで待ってから告白すると成功率が上がるでしょう。

牡牛座の結婚観

平和で温かい家庭」というのが彼らの結婚観で、とても家庭的な人たちです。仕事も家事も育児も、お互いに協力し合いたいと考えているようです。また、金銭感覚がしっかりしているため、お金の面でも安心感がある。結婚相手としては理想的なタイプです。

堅実な生活を好むため、牡牛座は結婚願望が強い人が多いようです。しかし、慎重さは結婚生活においても例外ではありません。恋愛には一途ですが、堅実で現実的な面もあり、すぐに「付き合う=結婚」と結論づけるわけではありません。

好きな相手と長く付き合うことが大前提ですが、「本当にこの人と結婚していいのか」をじっくりと吟味して結論を出します。また、自分のライフプランもしっかり考えているので、「この人とは結婚できない」と判断したら、きっぱりと別れて婚活を始めることもあるようです。

牡牛座に向いている仕事

注意深く、几帳面で、勤勉な牡牛座は、どんな仕事でも着実に、できるだけミスをせずにこなす能力を持っています。特に、経理や人事などの事務職でその能力を発揮することができます。数字や個人情報を扱う仕事も、慎重な牡牛座ならミスなくこなすことができる。また、穏やかな性格のため、敵を作らず、平和的にコミュニケーションをとることができます。

医師、弁護士、デザイナー、会計士などの専門職も向いています。これらの仕事は常に勉強が必要ですが、計画的で勤勉な牡牛座なら大丈夫でしょう。持ち前の粘り強さを生かし、仕事に熱中できるはずです。

また、デザイナーなど芸術的な職業も、美的センスを活かせるので向いています。牡牛座はもともとマイペースなので、自分で時間配分や計画を立てられる仕事は、ストレスが少なく、没頭できるはずです。

牡牛座は、自分の信じた道を歩んでください

慎重だが行動力のある牡牛座は、自分の考えを信じて突き進めば、必ず結果を出すことができる。ただし、集中しすぎて視野が狭くならないように注意。持ち前の冷静さで人間関係に気を配れば、Win-Winの関係を築けるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。