射手座(いて座)の性格とは!特徴、恋愛観、男女別に徹底調査!

12星座の射手座は、半人半馬のケンタウロスの中で最も賢く、最も正義感の強いケイロンに由来している。人間の半分は知性を象徴している。馬の半身は行動を象徴している。そして、ケイロンが手にする弓の矢は、自由を象徴している。これらから見えてくる射手座の性格的な特徴を見ていきましょう。

射手座の性格的特徴

好奇心旺盛で冒険好き

カイロンの手にある矢は、自由を意味する。一度射た矢は戻ってこず、流れ弾のように消えてしまうほどの決意を持った射手座を表しています。

射手座は、とにかく面白いものを求めて動き回るのが好きだ。常に夢中になれるもの、ワクワクするものを探して生きているのです。退屈を嫌い、いろいろなことに飽きるとよく言われます。面白いことのためなら、まったく知らない世界にも恐れずに飛び込んでいくことができる。

心配事を好まない。

基本的に射手座は、とても楽観的な性格をしています。そのため、家にこもって考え込むことが苦手なのです。何か気になることがあればすぐに尋ね、失敗を恐れて行動を起こすことをためらいません。

常に前向きで、多少のことでは動じない。常に新しいことに挑戦し、悩みを持つことは無駄だと考えている。そのため、射手座は話し相手としてはあまり向いていないかもしれません。

過去を振り返らず、前だけを見ている。

彼らはとにかく前向きで、基本的に終わったことは振り返りません。生まれたときから、射手座は人生を思いっきり楽しむことに重点を置いています。

そのため、良いことも悪いことも、過ぎてしまったことはすぐに記憶の片隅に追いやられてしまうのです。たとえ何かがうまくいかなかったとしても、射手座はそれを過去のものとして、次の物事へと進むことができるのです。

細かいことを気にしない

射手座は物事がゆっくり進むことを好まず、良くも悪くも大雑把な性格です。一見、細かいことは全く気にしないように見えますが、いざとなると物事の流れをしっかりと把握し、物事を見抜くので、大きな失敗をすることはありません。

迷うことなく前に進んでいくので、周囲からはその点を心配されることも。しかし、射手座の「どんどん進めたい」という気持ちと、射手座の持つエネルギーのおかげで、細かいことにこだわって先に進めないのではなく、周囲を不安にさせることはありません。

どんどん先に進みたがる

射手座は常に頂点を目指しています。あらゆることに興味を持つ。好奇心旺盛でチャレンジ精神旺盛な射手座は、常に学び、多くのことを経験し、成長していきます。

さまざまなことを次々と経験する中で、失敗も少なくありません。しかし、次の失敗を恐れず、あきらめずに挑戦し続けるのが射手座の長所です。

自由に生き、型にはまらない

射手座は何にも縛られることなく自由に生きています。弓矢のようにどこかに飛んでいって、そのまま帰ってこないことも珍しくありません。射手座は常に誰にも束縛されない自由奔放な人生を送りたいと考えており、私生活で指図されることを好まないのです。

私生活で指図されることを嫌い、「正道を歩む」という言葉が一番似合わないのです。無責任な自由を謳歌することもなく、自分の行動には誇りをもっているところがある。

心にロマンを抱いている

射手座は非現実的なもの、夢のようなもの、非現実的なものに惹かれる傾向がある。常識的なルールにとらわれることを好まず、ロマンを好みます。ロマンを追い求めるあまり、感傷的になることも多い。

そのため、夢見がちと思われがちです。夢は必ず叶うと信じているので、そのための行動も、他人から見ると突拍子もないものに見えることがあります。射手座は後先考えずに行動しているように見えますが、実は意外と思慮深く行動しているのです。

負けず嫌いである。

チャレンジ精神旺盛な射手座は、どんなことでも負けるのが嫌いです。あまり器用ではないので、負けると感情が高ぶり、涙を流すこともあります。また、失敗すると「もっとうまくやれないものか」と悔しがる。

その後、反省して落ち込むこともあるが、決してあきらめない。持ち前のポジティブさで、気持ちを切り替え、次は成功させるために努力する。

嘘をつけない正直者

正直で、嘘をついたりごまかしたりすることができない。そのため、もし嘘をついたらひどく罪悪感を感じる。射手座はどんなことでも正直に話します。場合によっては、知らなくてもいいようなことまで話してしまうこともあります。

知っていることを黙っていることは難しく、そのために無用なトラブルに巻き込まれることもある。射手座が嘘をつけない人であることはよく知られていることなので、信頼できる人としての地位を獲得しているのでしょう。

物事を大きなスケールで見る。

人は何かに没頭しているとき、視野が狭くなりがちである。しかし、射手座の場合はそうではありません。何をするにしても、射手座は他の人が想像するよりも大きな視点で物事を見ることができるのです。

これは趣味だけでなく、仕事でも同じです。自由な発想で物事を捉え、スケールの大きい射手座だからこそ、誰も想像していないようなユニークなアイデアを思いつくことができるのです。

射手座の男性の特徴・コツ

射手座の男性は、既成概念にとらわれず、好奇心と冒険心に満ちあふれている。合理的に考える反面、既成概念に縛られることはありません。これまで培ってきた知識を生かし、常識にとらわれない豊かな想像力で物事を成し遂げる。研究熱心で頭の回転が速い射手座の男性は、経験や知識に基づいた自分なりの合理性を持っています。

ただし、理論に基づいた合理性ではないので、荒削りな部分が多いことも。場合によっては、誰かのサポートが必要になるでしょう。射手座の男性は、どんなことでもサクサクと進めていきたいので、直感的な行動の邪魔をしないようにするのが良いでしょう。

射手座女性の特徴

射手座の女性は、新しいことが大好きで、いろいろなことに興味を持ち、とても行動的です。知識欲も旺盛で、多くの知識を身につけたいと考えています。じっとしているのが苦手で、体を動かすのが好き。休みがあれば、すぐに国内外を問わず旅行に出かける。縛られるのが好きではないので、結婚願望はあまりないが、常に恋をしていたいタイプである。

流行に敏感で、話題も豊富、心も若く、幅広い年齢層の人に好かれます。向上心が強いので、恋愛相手も考え方が似ている人を選ぶことが多いようです。とにかく束縛されることを嫌うので、射手座の女性とは適度な距離感を見つけることが大切です。

射手座の恋愛傾向

追いかけられるより、追いかけたい

エネルギッシュで明るく、情熱的な射手座は、何事にも全力投球です。恋愛に関しても同じことが言える。相手からのアプローチを待つのではなく、自分の魅力を全力でアピールする。

ケンタウロスの狩りのように、獲物を決して逃さない。好きな人に告白せずに愛し続けることは不可能なのだ。たとえ相手が自分に好意を持っていても、アピールが控えめだと、それに気づかないこともあります。

恋の駆け引きが全くない

素直で純粋な性格の射手座にとって、恋愛は駆け引きのない真剣勝負です。気になる相手には、どんどんアプローチしていきます。自分の気持ちを隠すことなく、ストレートに愛を表現します。

自分の気持ちに正直に生きたいから、相手が自分に興味がないとわかっていても、恋をあきらめることはない。ストレートにぶつかってくるので、そんな射手座の姿に惚れ込んでしまう人もいるのです。

飽きっぽくてチャラチャラしている

熱しやすく冷めやすい射手座は、飽きやすい性格と言われることもあり、恋愛もあまり長続きしません。理性よりも本能が行動の根底にあり、心に沸き起こる様々な欲望に走りがちである。

たとえパートナーがいても、他に気になる人がいれば、その人にアタックしてしまう。しかし、その場合、射手座の飽きっぽさが災いして、気持ちが一気に冷めてしまうことが多いようです。

束縛されることを望まない

射手座は自由人であり、束縛されることを好まない。射手座は「思い立ったら吉日」の性格なので、すぐに行動を起こしたいので、行動を拘束されると非常にストレスを感じます。他人を束縛することも、束縛されることも嫌がります。

射手座は合理性よりも本能で生きているタイプなので、相手のせいで自分のやりたいことができなくなるのは嫌なのです。

尊敬できる人がいい

射手座は冒険好きで知識欲が旺盛です。新しいことにチャレンジするのが好きなので、自分が知らないことをたくさん知っていて、人間として尊敬できるような相手を恋愛対象にすることが多いようです。

相手に一つでもそのような資質があれば、飽きっぽい射手座でも他の人に振り回されることはないでしょう。自分より優れていると思う相手を引き寄せることが、恋を長続きさせるのです。

射手座の人にアプローチするなら

男女関係なく、射手座は何かと束縛されることを嫌います。これは行動面だけでなく、精神面でも同じです。金銭的な問題で好きなことができないことを、一種の束縛だと考えているのです。射手座は他人の気持ちに少し鈍感なところがあります。

アプローチするときは、ストレートに好意を示すのが効果的です。男女ともに、しっかりしていて自立している人を好む傾向があります。依存されたくないので、食事に行った時は割り勘にするなど、自分のことは自分でできることをアピールしましょう。

何か熱中できるものがあれば、それを教えてあげるといいかもしれません。

射手座の結婚観

飽くなき食欲のため、結婚するまではいろいろなところにふらふらと出かけ、バタバタしがち。射手座には仕事や趣味など、持ち前の好奇心でたくさん打ち込めるものがある限り、結婚が頭をよぎることはなかなかないでしょう。

しかし、いったん結婚すると、家族が最優先されます。意外と面倒見がよく、子供の教育にも関心があるので、結婚前には想像もつかなかったような良い母親、良い父親になることでしょう。

射手座の適職

射手座は理解力が高く、抽象的な事柄もすんなりと受け入れる柔軟な頭脳の持ち主です。どんな仕事も難なくこなすことができます。非常に広い視野を持っているため、組織の中で働くと少し窮屈に感じるかもしれません。

自由奔放な芸術家・アーティスト。世界中を旅することができるジャーナリストや写真家も、常に冒険を求める射手座の人に向いています。

組織に属している場合は、貿易関係の仕事やツアーコンダクターなどがよいでしょう。仕事も退屈を嫌うので、常に新しいことが行われているような、思いもよらないような仕事に就くといいでしょう。

射手座は、冒険的な毎日を精一杯楽しんでいます。

何もなさそうな日でも、射手座は自ら冒険的な要素を求めて、面白い一日にするのです。何でも受け入れる柔軟性と、前だけを見て終わったことはすぐに忘れてしまう性質は、射手座が人生を楽しむために与えられたものなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。